絶体絶命の時に何をするのか

何も咲かない冬の日は下へと根を延ばす。
簡単な事ではありません、0からのスタートじゃなくマイナスからのスタート

意地と根性がなければ生き残れなかっただろう。与えられた試練はこの世の修行だ。

どんな障害も乗り越えられる。そう思うほかなかった。そりゃ楽をしたいと思うのは人間だもの仕方ないが、やると決めたら命がけ、後へは絶対にひかぬ

悔し涙を笑顔に変え忍んだ幾年月 絶対にあきらめなければ失敗じゃない!!

実るほど頭が下がる稲穂かな

まだまだこれから挑戦してゆきます。


0コメント

  • 1000 / 1000